Translate

2015年6月1日月曜日

江別教会の誕生


手づくりの教会

 

  江別教会は手づくりの教会です。1955年木内藤三郎様が主任司祭として着任されるや、早速それまでの司教地であった小樽住之江教会の信者、神学生らの応援を得て、教会堂建築に着手、古くからの信者によると大工さんも何人かいたようですが、素人がセメントを練り、ブロックを積み上げ、フローリングを張ったりして汗を流されたとのこと。「聖堂に入ると、そこここに進んで奉仕してくれた方々の手の温もりのを感じる」この教会をこよなく愛し、この教会から天に帰られた石上昭夫神父のことばです。

 
 「わたし達信者も先輩方の遺産を大切に教会において、共同体づくりを大切にしていきたいものです」
 

    聖堂には木内神父が彫刻された大きなマリア像があります。【木を見ていると、中でマリア様が「早く出して、ここを削ると表に出られるから」そうおっしゃるんだ】と、側で見ている人に言いながら彫っていたそうです。しかもそのお顔はピリカメノコ。「これが北海道のマリア様だ」という訳です。

 

1932年 岩見沢教会 江別伝道所